【メイクデビュー】(阪神5R、6R)~キタノコマンドール、グレートシールがデビュー勝ち [News]
2017/12/23(土) 14:40
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は2番人気キタノコマンドール(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分06秒1(良)。クビ差の2着に1番人気サトノグロワール、さらに3/4馬身差の3着に5番人気ジャックローズが入った。

キタノコマンドールは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母ベネンシアドール(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 キタノコマンドール(C・ルメール騎手)
「すごく良い感じで、ペースはすごく遅かったです。4コーナーでは大外に来て、そこから長く良い脚を使ってくれました。スパートが長かったので、ゴール前はしんどくなり、少しもたれましたが、最後の加速は速かったです。距離は問題なく、2000m以上でも大丈夫だと思います」

4着 エールグリーツ(C・デムーロ騎手)
「ハナをきる形で物見をしていました。ずっと右にささっていました。スローペースの中、最後は瞬発力勝負に持ち込みましたが、他の馬も強かったです」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は1番人気グレートシール(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒5(良)。1馬身半差の2着に6番人気スキップガール、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ビッグデータが入った。

グレートシールは栗東・中内田充厩舎の2歳牡馬で、父War Front、母Quarter Moon(母の父Sadler's Wells)。

~レース後のコメント~
1着 グレートシール(川田将雅騎手)
「ここを勝たせるためにビッシリとやってきました。終始手応えに余裕はなかったのですが、頑張ってくれました」

2着 スキップガール(荻野琢真騎手)
「スタートセンスがあります。気がいい馬ですが集中力があります。調教もそうでした。今日は持ったままハナに立っていいペースで運べました。ラストは勝ち馬の決め手に負けましたが、2番手の馬はおさえました。よく頑張っています。ダートが合っています。背中のいい馬で、この気の強さが今後いい方向に出て欲しいです」

6着 プリヴェット(和田竜二騎手)
「砂を被って平気だったので外に出したら脚を使うかと思ったのですが、上に上がるような走りで、ばらっとした走りでした。もっと終いを生かすような競馬の方がいいかもしれません」