【有馬記念】栗東レポート~シュヴァルグラン(友道康夫調教師) [News]
2017/12/20(水) 15:09
12月24日(日)に中山競馬場で行われる第62回有馬記念(GI)に登録しているシュヴァルグラン(牡5、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前走のジャパンカップ1着を振り返って)
「競馬の前にボウマン騎手といろいろ競馬のシミュレーションをしました。私たちが話していた通りの内容で、本当にジョッキーが上手く乗ったと思います。
 何とかこの馬にタイトルをと思っていたので、ようやくGI馬になれたなというのが一番の思いです。
 去年とは全然違った感じで、良い感じで秋初戦を迎えられました。ゆったりとした間隔で使えていることがこの成績に表れていると思います。
 見た感じも調教の動きも競馬の内容も、去年の秋ぐらいから右肩上がりで良くなっているのですが、まだ良くなっていきそうな感じはあります。明らかにジャパンカップより今回の方が良い感じで行けると思います」

(最終追い切りを振り返って)
「助手と相談しまして、今日は54から55秒くらいで乗って、終い2ハロンぐらいを伸ばすような感じで乗りました。こちらが思っている通りの動きで、動きは良かったです。息の入りも問題なかったと思います。
 1週前はしっかりやりましたが、もともと調教では動く馬ではないのですが、この馬なりには動いたと思います。
 先週のひと追いで馬もワンランク上のスイッチが入ったと思います。
 ジャパンカップの後も結構調教をきっちりやっていますし、上積みはあると思います」

(ボウマン騎手との相性は?)
「ボウマン騎手が競馬で乗っている姿を見ていると、馬にやる気を起こさせて、なおかつ馬を上手くコントロールしているなというのが伝わってきました。シュヴァルグランというのは、どちらかというと自分から行こうとする方ではない馬なので、それが人馬とも上手く噛み合って、ボウマンが馬の良いところを引き出してくれていると思います」

(今回のレースに向けて)
「前走のダメージがほとんどなくて、こちらが思っている通りここまで順調に来たと思います。
 正直、東京の広い競馬場の方が良いと思いますが、今は結構瞬発力が出てきていますし、一瞬の脚を使えるようになっているので、中山の小回りでも大丈夫だと思います。
 (去年は)6着なのですが、時計的にはそんなに負けていませんし、3~4コーナーで外外を回らされた感もありました。中山が不得意ということはないと思います。
 一番思い入れのある血統で、年末の一番大きな有馬記念を獲れたら良いなと思っています。
 (佐々木オーナーとは)実際にあれ(ジャパンカップ)からはお会いしていないのですが、話は具体的にしていません。ただ、いつも気持ちは伝わっています。
 前走でようやくGI馬の仲間入りができました。これも皆さんの応援のおかげだったと思っています。次はGI連覇を目指して頑張りたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)