【有馬記念】栗東レポート~キタサンブラック(武豊騎手) [News]
2017/12/20(水) 14:59
12月24日(日)に中山競馬場で行われる第62回有馬記念(GI)に登録しているキタサンブラック(牡5、栗東・清水久詞厩舎)について、鞍上の武豊騎手のコメントは以下の通り。

(前走のジャパンカップ3着を振り返って)
「馬の状態はすごく良かったと思います。レースもスタートが決まったので、正攻法のレースで行きました。直線半ばぐらいでは良い感じだと思っていたのですが、上位2頭が強かったのもありましたし、最後は少し残念な結果でした。しかし、馬の走りとしては悪くなかったと思います。レベルの高い走りだったとは思います」

(調教後に黒岩騎手とは何か会話をしたか?)
「たまたま私も他の馬に乗っていたのですが、タイミングが一緒だったので、"どうだった?"とは聞きました。
"良い追い切りができたと思います"と言っていました」

(今回のレースに向けて)
「本当にいよいよだなという気持ちで、身が引き締まる思いです。
 キタサンブラックの引退レースということで、いろいろと思うところはあります。
 ファンが望んでいる競馬は、先頭でゴールインする姿だと思います。それに向けてベストを尽くしたいです。
 (ファン投票1位)やはりそういうところでもこの馬の人気の高さは感じますし、非常にありがたいです。そういう馬の主戦を任されることは騎手としても光栄なことです。ただ、過去3回のファン投票のレースはまだ1着がないので、最後ですが、今回こそはという気持ちは強いです。
 有馬記念は活躍した馬の引退レースになるケースは多いのですが、この馬は本当に注目度が高いというか、非常にファンの多い馬です。デビュー以来ずっと良い走りを続けてくれている馬なので、やはり最後を飾らせてあげたいという気持ちは強いです。
 (北島オーナーから言葉は)特にはないですが、掛けられるとプレッシャーになります。
 デビュー当初は私は乗っていなかったのですが、デビューの時から非常に期待されていたというわけではないと思いますが、常にトップレベルで走り続けて、結果も出して、本当にすごい馬だなと思います。一番すごいのは結果を出すところだと思います。あとはサラブレッドとしての総合力が非常に高い馬だと思います。
 1年に6回も主役として走るのは簡単なことではないと思いますし、それに挑んでここまで今年だけでも3勝して、やはりすごい馬だと改めて思います。しかし、最後がすごく大事だと思います。
 キタサンブラックはいよいよラストランなので、この馬には私自身も感謝しかないというか、非常に励まされた馬です。最後は一緒にぜひ勝ちたいと思っていますので、応援して下さい」

(取材:米田元気)