【香取特別】(中山)~マイネルクラースがゴール前で捉える [News]
2017/12/17(日) 15:13
中山9Rの香取特別(3歳以上1000万下、ダート2400m)は1番人気マイネルクラース(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分37秒4(良)。1馬身差2着に4番人気スズカロング、さらに1馬身1/2差で3着に8番人気ハヤブサライデンが入った。

マイネルクラースは美浦・高木登厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母マイネヌーヴェル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は12戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルクラース(柴田大騎手)
「とても強かったです。今日は少し強引に動いて行ってうまくいきました。乾いたダートも全く問題にしていませんし、力があります」

2着 スズカロング(石橋脩騎手)
「今日は相手が悪かったです。この馬の競馬は出来ましたし、馬場と風を考えたらよく頑張っています」

4着 デジタルフラッシュ(北村宏騎手)
「もう少し先団に行きたかったのですが、中団で内々を回ってしっかり脚をためられました。最後まで伸びていますし、頑張っています」

5着 ラテールプロミーズ(三浦騎手)
「道中我慢して、3、4コーナーでも狭いところを割って走ってくれました。本来は東京2100mがベストなんですが、中山2400mでも思った以上に頑張ってくれました」