【2歳未勝利】(中山1R、2R) [News]
2013/09/08(日) 15:06
中山1Rの2歳未勝利戦(芝1200m)は6番人気メイショウカイモン(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分9秒5(良)。1馬身1/2差2着に3番人気クラシックマーク、さらに1馬身3/4差で3着に2番人気クラウンデュナミスが入った。

メイショウカイモンは美浦・小島太厩舎の2歳牡馬で、父メイショウサムソン、母マチカネモユルコイ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦1勝となった。

~レース後のコメント~
1着 メイショウカイモン(田中勝騎手)
「力のある馬で、返し馬からいい感じでした。期待通りに走ってくれました」

2着 クラシックマーク(吉田豊騎手)
「ゲートは一歩目が遅いだけで、その後は問題ありません。初戦よりも動ける感じでしたし、今日は頭数も手頃でしたから、直線に向くまでジッとして、しっかり伸びてくれました。いいと思います」

7着 ナイトアンドデイ(嘉藤騎手)
「いい感じでしたが、プレッシャーを掛けられる形で厳しかったです」

8着 コスモラヴコール(柴田大騎手)
「早めに仕掛けているのですが、中々反応してくれません。この馬には力のいる馬場がいいと思います」


中山2Rの2歳未勝利戦(芝1800m)は5番人気ポーラメソッド(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(良)。5馬身差2着に1番人気タケルファラオ、さらに1馬身3/4差で3着に3番人気サムデイオーラムが入った。

ポーラメソッドは美浦・金成貴史厩舎の2歳牡馬で、父チチカステナンゴ、母タイキポーラ(母の父トウカイテイオー)。通算成績は2戦1勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ポーラメソッド(西田騎手)
「ゲートの中でうるさくて出遅れてしまいましたが、力があるのは分かっていましたから、この馬のリズムを大事に乗りました。ハミを取ってからは勢いを止めず、タイミングとしては早かったのですが、能力で押し切ってくれました。休ませたこと、それから体が絞れたのが良かったんでしょうね」

2着 タケルファラオ(田辺騎手)
「勝った馬の意外な爆走にビックリです。まぁ、この馬の競馬は出来ました。2走目で馬に気が入ってきましたね。まだびっしり叩いてはいないんですが、使って良くなるタイプです。今日は何とかなると思ったんですがね」

3着 サムデイオーラム(大野騎手)
「1度使って馬に気が入ってきました。マズマズの競馬はしてくれました」

9着 ナンヨーコトネ(戸崎騎手)
「ゲートを出てくれましたし、切れるタイプでもなさそうなので行きましたが、ペースがきつく、落ち着かなかったですね。それが最後に響いたのかもしれません。気性もちょっと難しそうですね」