【紫苑S】(中山)~セキショウが逃走V [News]
2013/09/07(土) 16:37
中山11Rの紫苑ステークス(3歳オープン・牝馬・芝2000m)は、6番人気セキショウ(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒3。1馬身半差の2着に2番人気リボントリコロールが、半馬身差の3着に7番人気モモトンボがそれぞれ入線。

セキショウは美浦・杉浦宏昭厩舎の3歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母ホーネットピアス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は12戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 セキショウ 吉田豊騎手
「リズムよく競馬ができて、最後までがんばってくれました。外枠だったので、内を見ながら行く馬がいなければ行こうと思っていました。馬場もよかったですし、ゆっくり運びすぎて切れ味のある馬に交わされたくないと思い、他の馬に脚を使わせるように競馬をしました。いい馬ですし、これで大きいところを狙えますから、どれぐらいの競馬をしてくれるか楽しみです」

2着 リボントリコロール 菊沢隆徳調教師
「速い時計に対応してくれるかがカギでしたが、今日は対応してくれました。春先のことを考えたら、力をつけています」

4着 トーセンアルニカ 内田博幸騎手
「かなりイレ込んでいました。中団やや前につけて、次につながる競馬をしてくれました。しかし、勝った馬が逃げ切るとは思いませんでした」

8着 マコトブリジャール 柴田大知騎手
「気持ちが前に先走る感じでした。2000mも少し長かったかもしれません。今日はハナに行けるほどの速さがありませんでした。前回はうまくいきましたが、今日は課題が残りました」