香港ヴァーズに出走する日本馬の近況(6日) [News]
2017/12/06(水) 19:18
 12月10日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1・芝2400m)に出走を予定している日本馬の調教状況、関係者のコメントは以下の通り。

●キセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)
【本日の調教状況】
岸本教彦調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースでキャンターを1周半。
岸本教彦調教助手のコメント
「リラックスしていて状態は良さそうです。明日は芝コースでM.デムーロ騎手が騎乗して追い切る予定です」

●トーセンバジル(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)
【本日の調教状況】
藤原和男調教助手が騎乗して、角馬場からオールウェザーコースをキャンターで1周半。
藤原和男調教助手のコメント
「気合いをつける程度に乗りました。順調そうです。明日は、J.モレイラ騎手が騎乗して芝コースで追い切る予定です」

(現地情報)