【阪神JF】美浦レポート~モルトアレグロ [News]
2017/12/06(水) 16:43
 10日(日)に阪神競馬場で行われる阪神ジュベナイルフィリーズに出走を予定しているモルトアレグロ(牝2歳、美浦・武井亮厩舎)について武井亮調教師のコメントは以下の通り。

「前走のくるみ賞は馬場が悪くなり、内枠だったために悪いところを通らされましたが、最後は根性で勝ってくれて、すごい馬だと思いました。レースでのダメージを心配しましたが、疲れもなく、すぐに運動を立ち上げることが出来ました。

 その後は厩舎で過ごしてきました。今この馬は伸び盛りで、調教すればするほど吸収して力になるので牧場には出さずに調整して、さらにいい状態にもってくることが出来ました。

 今朝の追い切りは3頭併せで、以前は抜け出すとフワッとしていましたが、今は最後までしっかりと走って、こちらが思ったように成長してくれました。GIレースに出すことに恥ずかしくない状態です。デビューの頃から素晴らしい馬体をしていましたが、今はレースと調教を積んで、見た目だけでなく中身も伴ってきました。2歳の競走馬としては、かなり高い完成度にあると思います。

 距離は1600メートルぐらいがギリギリかもしれませんが、1600メートルをこなせる調教はしてきました。この馬はデビューが函館で、そこから札幌へ行きましたが、輸送にへこたれることなく飼い食いも落ちることはありませんでした。阪神への輸送については全く心配していません。こちらが教えたことを体現して、それで折り合いもつくようになり、スピードの能力が高い馬です。今回の1600メートルである程度脚をためてどんな脚を使うのか楽しみです。」

(取材:小林雅巳)