【チャンピオンズC】(中京)~ゴールドドリームが鮮やかに差し切りGI2勝目 [News]
2017/12/03(日) 17:30
中京11Rのチャンピオンズカップ(3歳以上GI・ダート1800m)は8番人気ゴールドドリーム(R.ムーア騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒1(良)。クビ差の2着に1番人気テイエムジンソク、さらにクビ差の3着に9番人気コパノリッキーが入った。

ゴールドドリームは栗東・平田修厩舎の4歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は13戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドドリーム(R.ムーア騎手)
「素質がありGIホースですから、うまくレースを運ぶことが出来れば勝てると思っていました。この馬なりにゲートを出て良い位置が取れて、最後はよく伸びてくれました。まだ4歳なのでこの馬には明るい未来があるでしょう。昨日も私は重賞を勝ちましたが、アルバートも良い馬で、うまくことが運べれば勝てますが、そうでなく負ける時もあります。その時でもどうか応援してください」

2着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「初めてのGIでしたが、堂々と勝ちに行きました。最後は差されましたが、勝ちに行って負けたのだから仕方がありません。自分の競馬は出来ました。これからも無事に行ってくれたらいいと思います」

3着 コパノリッキー(田辺裕信騎手)
「前走で短距離のレースを使ったので行き脚はつきました。テイエムが早く来るのも分かっていましたし、道中の折り合いもつきました。理想的な競馬が出来たと思います」

4着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)
「イメージしていた流れになり、イメージしていたポジションを取れました。この馬なりに脚は使っていますが、かわせそうでかわすことが出来ませんでした。インから抜け出す競馬は初めてでしたが、うまく対応してくれました」

5着 アウォーディー(武豊騎手)
「もう少しレースが流れて欲しかったです。今日は何とはなしに走っている感じで、伸びてはいましたが、スパッと来なかったです。本領発揮とはいきませんでした」

11着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「馬の状態は良かったのですが、流れが落ち着いて予想外のペースになりました。どこかで外に出せていれば良かったのですが、思いのほか馬群が固まってゴチャつく競馬になりました」