【メイクデビュー】(中山5R、中山6R)~メジャーラプソディ、エリスライトが勝利 [News]
2017/12/03(日) 14:36
中山5Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気メジャーラプソディ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒8(良)。1馬身半差の2着に2番人気レセディラローナ、さらにハナ差の3着に3番人気ラインアストリアが入った。

メジャーラプソディは美浦・田村康仁厩舎の2歳牝馬で、父ゴールドアリュール、母キャッチータイトル(母の父オペラハウス)。

~レース後のコメント~
1着 メジャーラプソディ(田村康仁調教師)
「被されるのが嫌なので、行ければ行くように指示しました。兄姉は気性の激しいところがありましたが、この馬は穏やかでいい性格をしています。調教でも動いていました。今後についてはオーナーと相談して決めたいと思います」

2着 レセディラローナ(丸田恭介騎手)
「砂を被っても上手に走っていましたが、3~4コーナーで離されました」

4着 アポロカイオー(丹内祐次騎手)
「調教の動きよりもレースの方が良かったです。実戦タイプでしょうか」


中山6Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は1番人気エリスライト(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒7(良)。5馬身差の2着に3番人気モンヴァントゥ、さらに1馬身半差の3着に2番人気ピンクダイキリが入った。

エリスライトは美浦・久保田貴厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。

~レース後のコメント~
1着 エリスライト(蛯名正義騎手)
「ホッとしました。お姉さん(マリアライト)も段々と良くなって行った馬ですが、デビュー戦から結果を出せたのは血統なのかな、とも思います。ただ、まだまだ課題は多いですね。テンションがカッと高くなったり抜けたりするので、その中間のギアでリラックスして走れれば幅も広がるでしょう。お姉さんと比較されてしまうのはかわいそうですが、素質はありますし、これから色々と要求される中で一段一段よくなっていってくれれば良いですね」

3着 ピンクダイキリ(三浦皇成騎手)
「終いもいい伸びで、頑張ってくれました。今日は勝った馬が強かったですが、この馬も冷静に走っていましたし、今後が楽しみです」