【浜松S】(中京)~ペイシャフェリシタが差し切る [News]
2017/12/02(土) 17:29
中京11Rの浜松ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝1200m)は2番人気ペイシャフェリシタ(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒6(良)。2馬身半差の2着に9番人気ダイメイプリンセス、さらに1馬身1/4差の3着に16番人気メイショウスイヅキが入った。

ペイシャフェリシタは美浦・高木登厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母プレザントケイプ(母の父Cape Cross)。通算成績は16戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ペイシャフェリシタ(鮫島克駿騎手)
「開幕週でしたから、内にこだわってレースをしました。直線外に出したら反応が良すぎて抜け出すのが早かったのですが、馬には余裕がありました。ハンデの52キロも良かったと思います」

2着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手)
「もともと良い馬だとは思いますが、力をつけています。いい意味でかみ合っていると思います。このクラスでもチャンスはあります」

4着 オールインワン(北村友一騎手)
「思っていたよりも後ろの位置からのレースになってしまいました。最初、少し折り合いを欠くところがありましたが、レースが流れたこともあり、その後はリズムよく運べました。直線の反応も良く、一瞬いい脚を使ってくれました。できればもう少し前で運びたかったですね」