【チャレンジC】(阪神)~サトノクロニクルが勝利 [News]
2017/12/02(土) 17:09
阪神11Rのチャレンジカップ(3歳以上GIII・芝2000m)は1番人気サトノクロニクル(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒6(良)。クビ差の2着に5番人気デニムアンドルビー、さらにクビ差の3着に2番人気ブレスジャーニーが入った。

サトノクロニクルは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母トゥーピー(母の父Intikhab)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノクロニクル(M・デムーロ騎手)
「初めて乗った時(セントライト記念)、スペースがない中3着で、いい馬だと思いました。2000mはこの馬に短いと思っていましたが、いい競馬ができました。最後は危なかったですが、勝てて良かったです。とてもいい馬で、能力があります。この後も楽しみです」

1着 サトノクロニクル(池江泰寿調教師)
「M・デムーロ騎手が完璧に乗ってくれました。菊花賞は馬場に泣かされましたが、状態は引き続き良かったです。この後は馬の状態を見ながら、有馬記念も選択肢の一つに残しています」

2着 デニムアンドルビー(C・デムーロ騎手)
「ペースがそこそこ流れていた中、早めに仕掛けて最後も脚を使っていますし、いいレースができました」

3着 ブレスジャーニー(柴田善臣騎手)
「馬は全然良くなっていましたし、レースは上手でした。ただ、手前をかえられなかったので、かえていればもっと伸びたと思います。これからさらに良くなってくると思います」

4着 モンドインテロ(C・ルメール騎手)
「いいペースの中、いい位置で運べ、終いも伸びていますが、届きませんでした。仕方ないですね」

5着 スーパーマックス(山口勲騎手)
「いい位置につけられましたし、最後も盛り返す脚を見せてくれました。まだ3歳ですし、中央の強豪相手にこれだけやれたのですから、今後も楽しみです」

10着 レッドソロモン(福永祐一騎手)
「手応えが悪く、何も抵抗できませんでした」