【北総S】(中山)~ブレスアロットが押し切る [News]
2017/12/02(土) 15:48
中山10Rの北総ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・ダート1800m)は2番人気ブレスアロット(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒3(良)。クビ差の2着に3番人気トウカイエントリー、さらに1馬身差の3着に5番人気クロフネビームスが入った。

ブレスアロットは美浦・高柳瑞樹厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母サンクスアロット(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は15戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ブレスアロット(北村宏司騎手)
「コンディションも良かったですし、ゲートをうまく出てくれました。途中から前の馬が突き離す展開もこの馬には合っていたと思います。最後ももうひと伸びしてくれました」

3着 クロフネビームス(吉田豊騎手)
「最後もよく来ていますし、いい雰囲気が戻っていますね。返し馬から硬さもなく、元気でした。ゲートで待たされてスタートはもうひとつでしたが、後ろからよく伸びています」

5着 エネスク(柴田大知騎手)
「体のバランスを戻しながらの追走で、動いていけませんでした。それでもよく頑張っていますが、真っ直ぐ走れていればもっときわどかったと思います」