【メイクデビュー】(中山4R、5R)~ゴールドタンバリン、ニシノアスカがデビュー勝ち [News]
2017/12/02(土) 14:07
中山4Rのメイクデビュー中山(牝馬・ダート1200m)は4番人気ゴールドタンバリン(V・シュミノー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒2(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気チビノオリヴィア、さらに5馬身差の3着に7番人気サムシングクールが入った。

ゴールドタンバリンは美浦・池上昌和厩舎の2歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母ダブルゴールド(母の父ゴールドアリュール)。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドタンバリン(V・シュミノー騎手)
「まだレースに慣れていないようで、スタートの時にきょろきょろしていました。スタートが悪いわけではないですし、押したらすぐに好位をとることができました。道中も息が入って、最後もしっかり伸びていて完勝でした」

4着 パリスハート(吉田隼人騎手)
「外枠だったこともあり、前に行って流れに乗れました。砂を被った時に少し嫌がりましたが、経験できたことは次につながるでしょう」

5着 キンゲショウ(江田照男騎手)
「一生懸命走ってくれました。現時点でまずまずの競馬ができています。これからまだまだ成長する馬なので、レースを重ねればもっと良くなります」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝1200m)は1番人気ニシノアスカ(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ミフトゥーロ、さらに3馬身差の3着に6番人気タカミツリリーが入った。

ニシノアスカは美浦・高木登厩舎の2歳牝馬で、父ドリームジャーニー、母キャッスルブラウン(母の父Silver Hawk)。

~レース後のコメント~
1着 ニシノアスカ(武藤雅騎手)
「スムーズに逃げられて、他の馬に来られてもまた伸びてくれました。根性があります。この先が楽しみです。距離はこのくらいが良いと思います」

2着 ミフトゥーロ(大野拓弥騎手)
「ゲートをスッと出てくれて、正攻法でした。しっかり食らいついてくれました」

4着 ラッシュウィン(丸田恭介騎手)
「スタートを出ましたし、上手に走ってくれました。息遣いを考えると、もう少し上がり目がありそうです」

5着 ランメライト(勝浦正樹騎手)
「センスが良いです。実戦でこのくらい走ってくれれば、という内容です」