【渡月橋S】(京都)~モズアスコットが連勝を伸ばす [News]
2017/11/26(日) 16:14
京都10Rの渡月橋ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・芝1400m)は1番人気モズアスコット(吉原寛人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。2馬身差の2着に3番人気クライムメジャー、さらにハナ差の3着に7番人気マイネルパラディが入った。

モズアスコットは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父Frankel、母India(母の父Hennessy)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 モズアスコット(吉原寛人騎手)
「ずっと連勝している馬を依頼してもらったので、連勝を止めなくて良かったです。ホッとしています。強かったですし、文句のつけようがありません。すごい脚で一瞬で抜き去りました。芝でこれだけ伸びる馬に乗ったことがないので、鳥肌が立ちました」

3着 マイネルパラディ(石橋脩騎手)
「ゲートで立ち上がるところがあると言われていました。ゲート自体は我慢して、立ち上がることはありませんでしたが、一歩目でボコッと上に行くような感じになり、ダッシュがつきませんでした。前に行こうと思っていましたが、割り切ってジッとしていました。1番人気の馬も(近くに)いましたし、どれだけ伸びるかと思っていました。実際ぐーんとよく伸びていました。まだまだやれそうですし、伸びしろもありそうです」

5着 ロイヤルストリート(北村友一騎手)
「流れは良かったです。坂の下りでもリズム良く、反応できるかなと思っていました。しかし、馬場がボコボコしていて、脚をとられて気にしていましたし、使える脚も短かったです。反応自体は良かったですし、長く良い脚が使えれば良いですね。馬場がきれいであることにこしたことはありません」