【キャピタルS】(東京)~ダイワキャグニーが追い比べを制す [News]
2017/11/25(土) 16:27
東京11Rのキャピタルステークス(3歳以上オープン・芝1600m)は1番人気ダイワキャグニー(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒6(良)。クビ差の2着に2番人気サトノアレス、さらに2馬身半差の3着に3番人気レアリスタが入った。

ダイワキャグニーは美浦・菊沢隆徳厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母トリプレックス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイワキャグニー(菊沢隆徳調教師)
「少し早めに抜け出してふわふわしていましたが、併せ馬になったことでもうひと伸びしてくれました。初のマイルでしたが器用にこなしてくれましたし、東京はとても合っています」

2着 サトノアレス(C・ルメール騎手)
「完璧なレース運びが出来たので、残り150mのところでは勝てると思いました。そこから勝ち馬と併せる形になり、少しブレーキしてしまいました」

4着 サンライズメジャー(大野拓弥騎手)
「外をまわった馬の中では1番走っています。休み明けの前走に続いて良い走りをしているので、安定してきています」

6着 マイネルハニー(柴田大知騎手)
「レース内容は悪くないですが、踏ん張りが足りなかったです。持ち味の粘り強さが今日は見られませんでした。良い頃と比べると今ひとつなのかもしれません」