【ジャパンC】外国馬情報(20日)~競馬学校で調整 [News]
2017/11/20(月) 16:41
26日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(GI)に出走を予定しているオーストラリアのブームタイム(牡6歳)、ドイツのイキートス(牡5歳)とギニョール(牡5歳)、アイルランドのアイダホ(牡4歳)の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

※競馬学校 天候:晴 馬場状態:良

・ブームタイム(豪・牡6歳)
【調教内容】
ダラ・オマハー厩務員が騎乗。左回りで常歩100m、キャンター(1ハロン19秒~23秒程度)を2800m、ダク(速歩)100m、右回りで常歩300m
【ゲイリー・フェネシー調教助手のコメント】
「体調はとても良く順調です。また、本日の調教も動きが良く、ビリッとしていました。入厩して1週間が経ちましたが、調子は非常に良くなってきており、馬の様子も良く見えます」

・イキートス(独・牡5歳)
【調教内容】
シモーヌ・ハルニッシュマッヒャー厩務員が騎乗。左回りでダク(速歩)1200m、キャンター(1ハロン14秒~19秒程度)を2200m、右回りで常歩700m、左回りで常歩100m
【ヤニナ・レーゼ調教助手のコメント】
「引き続き馬の調子はいいです。調教は、毎日少しずつキャンターの距離を伸ばしています。東京競馬場に移動しても同じくらいの距離を走らせる予定です。入厩して1週間が経ちましたが、環境に慣れてリラックスできており、調子も上向いています」

・ギニョール(独・牡5歳)
【調教内容】
ミヒャエル・カデドゥ調教助手が騎乗。左回りで常歩100m、ダク(速歩)1100m、常歩100m、キャンター(1ハロン25秒~33秒程度)を1800m、ダク100m、右回りで常歩500m、左回りで常歩100m。
【ミヒャエル・カデドゥ調教助手のコメント】
「飼い葉も全部食べており、全て順調に調整できています。調教は、昨日強めに追ったため、本日はゆっくりと走らせました。とてもリラックスしています。入厩した時から本国にいるときと同じような状態で、調子は非常に良いです」

・アイダホ(愛・牡4歳)
【調教内容】
ベン・ダルトン厩務員が騎乗。右回りでダク(速歩)2100m、常歩100m、左回りでキャンター(1ハロン12秒~16秒程度)1900m、ダク100m、右回りで常歩100m、左回りでキャンター(1ハロン13秒程度)300m、右回りで常歩800m
【トーマス・コマフォード調教助手のコメント】
「体調はとても良いです。食事・水の量も十分に取っています。本日は、競馬学校滞在時でメインとなる強めの調教を行いました。東京競馬場では木曜に追い切る予定です。また、本日はゲート試験を行いましたが、ゲートを出た後の動きもシャープで良かったです。明日の調教は、昨日と同じようなメニューで行う予定です」

※アイダホは本日ゲート試験を実施し、合格した。
※ブームタイムは本日11時15分、イキートスとギニョールは11時38分に競馬学校国際厩舎を退厩し、東京競馬場へ出発した。

(参考情報)