【秋明菊賞】(京都9R)~人気のシグナライズが大外から突き抜け連勝 [News]
2017/11/19(日) 16:10
京都9Rの秋明菊賞(2歳500万下・芝1400m)は1番人気シグナライズ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒6(稍重)。2馬身半差の2着に4番人気ナディア、さらにクビ差の3着に7番人気ミトノレインボーが入った。

シグナライズは栗東・藤原英昭厩舎の2歳牝馬で、父Frankel、母ワイルドココ(母の父Shirocco)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シグナライズ(C.ルメール騎手)
「だんだん頭が良くなってきた感じです。テンションの高さも少しずつ落ち着いてきました。今日は1400m戦でペースが速く、リラックスして走らせることが出来ました。直線での反応も早く、ゴールまで加速しました。ポテンシャルの高い馬です」

(藤原英昭調教師)
「中1週でしたが強い内容でした。フランケル産駒でテンションの高いところはありますが、スピードと力のある馬です。難しい面のある馬なので、その辺に注意しながら大きな目標を考えていきたいと思います」

2着 ナディア(福永祐一騎手)
「いい脚を使ってくれました。まだ坂の下りにぎこちないところがあります。体は小さいですが、いいバネがあります」