【赤松賞】(東京9R)~人気のマウレアが接戦から抜け出しデビュー2連勝 [News]
2017/11/19(日) 15:58
東京9Rの赤松賞(2歳500万下・牝馬・芝1600m)は1番人気マウレア(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(良)。クビ差の2着に3番人気ミュージアムヒル、さらにクビ差の3着に5番人気ナラトゥリスが入った。

マウレアは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母バイザキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マウレア(戸崎圭太騎手)
「ゴチャついた状況で2列目にいた馬には厳しい競馬になりました。しかし、怯まずに根性を見せて、直線ではいい脚を使ってくれました。これから楽しみです」

2着 ミュージアムヒル(北村宏司騎手)
「道中かなり外から押し込まれてかわいそうでした。前半をスムーズに走れていたら違ったと思います。さらに直線でも前の馬に寄られてしまい外に切り替えざるを得ない競馬でした」

3着 ナラトゥリス(菱田裕二騎手)
「道中前がやり合うような感じでゴチャついていましたが、この馬はスムーズに走れました。最後は凄くいい脚を使ってくれました。まだこれからの馬です」