【メイクデビュー】(東京4R、6R)~イダペガサス、レッドベルローズがデビュー勝ち [News]
2017/11/18(土) 14:34
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は2番人気イダペガサス(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒8(良)。クビ差の2着に1番人気ダンケシェーン、さらに9馬身差の3着に3番人気キタサンデイジーが入った。

イダペガサスは美浦・高柳瑞樹厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母カロンセギュール(母の父Forest Camp)。

~レース後のコメント~
1着 イダペガサス(戸崎圭太騎手)
「追い切りでは気難しさを見せていましたが、レースは上手に走っていました。手応えも十分でしたし、反応していい伸び脚でした」

3着 キタサンデイジー(福永祐一騎手)
「体力がつききっていない感じは受けましたが、スタートセンスが良く、スピードがあります。上位2頭は強かったですし、この馬も後続は離していますから、すぐに勝機は訪れると思います」

4着 ムテキノオジョウ(三浦皇成騎手)
「上位馬は強かったですが、この馬も悪くありません。最後もしっかりまとめてくれて良かったです」


東京6Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1600m)は3番人気レッドベルローズ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(良)。ハナ差の2着に1番人気エルディアマンテ、さらに6馬身差の3着に4番人気トーホウディアーナが入った。

レッドベルローズは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母レッドファンタジア(母の父Unbridled's Song)。

~レース後のコメント~
1着 レッドベルローズ(福永祐一騎手)
「いい瞬発力です。気難しいところがありますけれども、走ることには前向きです。将来が楽しみです。課題は返し馬でテンションが上がって、なかなか戻らないところです」

2着 エルディアマンテ(C・ルメール騎手)
「惜しかったです。いいレースでいい反応でした。併せる形で伸びました。距離はこのくらいが良いと思います。勝ち馬のキレがすごかったです」

4着 テネイシャス(戸崎圭太騎手)
「いい感じでした。よく走れています。反応も悪くないです」