【オキザリス賞】(東京)~ダークリパルサーがゴール前捉えて無傷の2連勝 [News]
2017/11/11(土) 15:52
東京9Rのオキザリス賞(2歳500万下、ダート1400m)は2番人気ダークリパルサー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒0(良)。1/2馬身差2着に3番人気クレヴァーパッチ、さらに3馬身1/2差で3着に7番人気メイショウヒサカタが入った。

ダークリパルサーは美浦・金成貴史厩舎の2歳牡馬で、父ハードスパン、母エミネントシチー(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ダークリパルサー(戸崎騎手)
「決してスムースという訳ではないですが、2戦目でこういう競馬が出来たことは大きな収穫です。いいモノを持っているので先が楽しみです」

3着 メイショウヒサカタ(福永騎手)
「ペースが遅かったですね。道中、物見していて、尻尾を振ったり若いところを見せていました。力はある馬なので、次以降、勝てると思います」

4着 タマスカイブルー(シュミノー騎手)
「1200mを使ってきた馬が多く、テンが速くなると思っていたのですが、思ったほど速くなりませんでした。結果的に前めにつけられましたが、もっと前に行った方が良かったかもしれません。体はまだまだなので、今後さらに伸びるでしょう」

7着 アントーニオ(C.ルメール騎手)
「スタートで出遅れて後ろからになってしまいました。4コーナーで急にペースが遅くなり、直線では突然周りが伸びていて反応することが出来ませんでした。1400mは忙しいので、もっと距離が欲しいです」