【京都ジャンプS】(京都)~マイネルフィエスタが重賞初制覇 [News]
2017/11/11(土) 15:03
京都8Rの第19回京都ジャンプステークス(J・GIII、障害3歳以上、芝3170m)は4番人気マイネルフィエスタ(植野貴也騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分34秒1(稍重)。アタマ差2着に1番人気タマモプラネット、さらに5馬身差で3着に2番人気スズカプレストが入った。

マイネルフィエスタは栗東・中村均厩舎の7歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母フェリアード(母の父ステートリードン)。通算成績は34戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルフィエスタ(植野騎手)
「途中から相手は後ろではないと思い、タマモプラネットに照準を合わせました。どんどん追いかけて何とか交わせましたが、相手はしぶとかったです。力がありますし、ようやく交わせて良かったです」

3着 スズカプレスト(北沢騎手)
「こういう流れになると脚がたまらないので辛いです。それでも、苦手な流れの中、よく3着に来ています。勝った馬は(2周目の)向正面でも馬なりでしたが、こちらは(2周目の)1コーナーで追い通しでしたからね。ゆったりした流れがいいと思います。それでも3着に来たので地力がついていると思います」

7着 メイショウアラワシ(森一馬騎手)
「ペースが速いのは合わないと思います。タフで、体力が求められるレース、コースの方がいいと思います。それでも終いは伸びています。中山の方がコース的には合うかもしれません」