ロンジンワールドベストレースホースランキング、アロゲートが今回もトップ [News]
2017/11/10(金) 11:45
「ロンジンワールドベストレースホースランキング」(LWBRR)がIFHA(国際競馬統括機関連盟)から発表された。今回の発表は、ブリダーズカップや英チャンピオンステークスなど2017年1月1日から11月5日までに施行された世界の主要レースを対象としている。

 ランキング上位2頭は前回と変わらず、トップは、アロゲート、第2位はウィンクスだった。アロゲートはブリダーズカップクラシックに出走し5着となったがレーティングは134ポンドで変わっていない。2位のウィンクスは前回の発表後に、ターンブルステークスとコックスプレートの2つのG1競走に勝利して、重賞競走の連勝を22に伸ばしたが、レーティングは132ポンドのままとなった。英チャンピオンステークスを7馬身差で圧勝したクラックスマンは122ポンドだった前回から130ポンドとなり第3位に入った。クラックスマンの父フランケルは2011年、2012年のワールドサラブレッドランキングのチャンピオンで、産駒のG1勝ちはソウルスターリングに次いで2頭目。第4位はガンランナーで、ブリダーズカップクラシックを完勝し、2ポンド伸ばし129ポンドになった。前回3位だったエネイブルは128ポンドで第5位、前回4位タイだったユリシーズは127ポンドで第6位と続いた。

 日本調教馬では、天皇賞(秋)を勝ったキタサンブラックが123ポンドで前回の25位タイから順位を伸ばし第11位タイに、天皇賞(秋)2着のサトノクラウンも122ポンドで前回の25位タイから第18位タイになった。

(JRA発表)