【エリザベス女王杯】栗東レポート~クイーンズリング [News]
2017/11/08(水) 14:49
11月12日(日)に京都競馬場で行われる第42回エリザベス女王杯(GI)に登録しているクイーンズリング(牝5、栗東・吉村圭司厩舎)について、追い切り後の吉村圭司調教師のコメントは以下の通り。

(前走の府中牝馬S4着を振り返って)
「スタートのタイミングが合わないところがあって、思っていたよりも位置取りが後ろからになりました。しかし、直線では伸びてくれたので、内容的には悪くなかったと思っています」

(前走後の調整について)
「一回使えば、結構ぐんと良くなるタイプの馬ですし、去年と同じパターンで府中牝馬Sから使い出したこともあって、良い感じで来ています。
反動がなかったので、思うように調整は進んでいます」

(調教過程を振り返って)
「しっかりと飼葉食いが安定していますし、1週前にしっかりとやりたいと思っていました。予定通りです。
 先週、ジョッキーに乗ってもらった感じで、今週もしようかなと思っていました。2週続けてクリスチャン・デムーロ騎手に乗ってもらうことにしました。先週しっかりとやっていますし、今週は馬体が合ったところでセーブ気味に、終いの反応だけどんなものかを確認してほしいと伝えておきました。
 ジョッキーも"すごく良い感じ""走る気もすごく伝わってきた"と言ってくれていました。良い感じだったと思います。
 この年齢ですし、馬も分かっています。調教後も変わりなく落ち着いています」

(今回のレースに向けて)
「振り返ってみると、この馬は京都で頑張ってくれるので、コースも合っていると思います。距離も去年こなしてくれています。その辺に関して不安はないと思っています。
 去年のこの時期でだいぶ馬の幅が出たなと思っていましたが、また今年の夏を越して、肩回りや腰の周辺などがしっかりと大きく見せています。 去年よりも体の張りはすごく良く見えるところはあります。状態は良いのではないでしょうか。
 今年は豪華なメンバーですし、その中でも何とか頑張ってくれたらと思っています。
 去年はエリザベス女王杯で優勝できましたが、その後勝ち星から遠ざかっています。しかし、何とかここで輝きを取り戻させてあげたいと思っています。ファンの皆様、応援して下さい。お願いします」

(取材:米田元気)