【エリザベス女王杯】栗東レポート~ヴィブロス(友道康夫調教師) [News]
2017/11/08(水) 14:46
11月12日(日)に京都競馬場で行われる第42回エリザベス女王杯(GI)に登録しているヴィブロス(牝4、栗東・友道康夫厩舎)について、追い切り後の友道康夫調教師のコメントは以下の通り。

(前々走のドバイターフ1着を振り返って)
「輸送が一番心配でしたが、輸送が上手くいきました。馬が着いて4日目ぐらいに馬を見ましたが、第一印象は馬体がふっくらしていました。これなら良い競馬ができるのではないかと思いました。
 馬も頑張りましたが、ジョッキーが本当に上手く乗ってくれました」

(前走の府中牝馬S2着を振り返って)
「結果は2着だったのですが、内容的にはすごく満足しています。
 ちょうど1年前に比べて、脚が長くなっていますし、何よりも筋肉の量が今現在も増えているような感じで、馬体が一回りぐらい大きくなったと思います」

(前走後の調整について)
「この中間は在厩で調整しました。一回使ってすごく筋肉の張りが出てきたのと、筋肉の量が多くなったというのが見ていて感じられるぐらい、一回使った効果は感じられます」

(調教過程を振り返って)
「先週はCウッドコースでしっかりやって、動きは良かったです。今日は、先週までにしっかりやっていますから、坂路で、併せ馬で馬なりで上がってきました。時計は予定より速くはなりましたが、そんなに負担はかかっていないと思いますので、良い感じで今回を迎えられると思います」

(今回のレースに向けて)
「今まであえて2000m以上を嫌って使わなかったのではなくて、たまたま使うレースがなかったのです。ドバイも2400mの競馬を考えていたぐらいなので、距離に関して全く不安はないです。
 どの競馬場に行っても上手く走ってくれますが、やはり小回りよりも広い京都の外回りの方が合っていると思います。
 去年は秋華賞でお姉ちゃん(ヴィルシーナ)の無念を晴らしてくれたので、今回はまたお姉ちゃんの悔しい思いを晴らすのと、日本でまた強いヴィブロスを皆さんの前でお目にできると思いますので、応援よろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)