【エリザベス女王杯】栗東レポート~ヴィブロス(ルメール騎手) [News]
2017/11/08(水) 14:44
11月12日(日)に京都競馬場で行われる第42回エリザベス女王杯(GI)に登録しているヴィブロス(牝4、栗東・友道康夫厩舎)について、鞍上のC・ルメール騎手のコメントは以下の通り。

(前走の府中牝馬S2着を振り返って)
「とても良かったです。長い休み明けでしたから、ヴィブロスのコンディションがまだ100%ではありませんでした。牝馬Sで良い走りをしてくれましたが、まだ良くなっているところです。しかし、ラスト150mはすごく良い脚を使ってくれました。嬉しかったです。
 筋肉が大きくなって、息づかいがとても良かったです。追い切りの後、少しだけ息が入りました。日曜日にトップコンディションになるかもしれません。
 今回はGIでメインのターゲットです。ですから馬はちょうど良いコンディションだと思います」

(兄のシュヴァルグランと似ている点は?)
「全然似ていません。シュヴァルグランはややワンペースな馬ですが、ヴィブロスは良い瞬発力があります」

(今回のレースに向けて)
「2200mも大丈夫そうです。前走は1800mですごく乗りやすかったので、リラックスしていました。
 今年も非常に大きなチャンスがあります。ヴィブロスは強い馬です。ドバイでGIを勝った時はメンバーが強かったです。府中牝馬Sでも能力を発揮しました。馬の能力が高いのでまたGIを勝てると思います。
 今回もメンバーは強いです。ディアドラは前走がとても強かったです。ヴィブロスには大きなライバルです。しかし、ディアドラは3歳牝馬で、ヴィブロスはもっと経験があるので、ヴィブロスに大きなチャンスがあると思います。
 今年のエリザベス女王杯はたくさん良い馬がいるので、すごいレースになると思いますし、良いチャレンジになります。またGIを勝ちたいです。応援して下さい。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)