【エリザベス女王杯】栗東レポート~ディアドラ(橋田満調教師) [News]
2017/11/08(水) 14:42
11月12日(日)に京都競馬場で行われる第42回エリザベス女王杯(GI)に登録しているディアドラ(牝3、栗東・橋田満厩舎)について、追い切り後の橋田満調教師のコメントは以下の通り。

(前走の秋華賞1着を振り返って)
「前半の位置取りが後ろだったもので、向正面を走っている時は少し心配していました。そこから上手く捌いてくれまして、内容は満足できるものだったと思います。
 体も精神力も成長してきています。体は、体重が増えているところで表れていますし、気持ちもドッシリと落ち着いていて、すごく良い感じに来ています。
 前走は少し余裕残しでした。ですから今回はもう少し絞っていきたいです」

(前走後の調整について)
「非常にタフな馬で、競馬が終わった後の消耗が少ないので、至極順調に来ています」

(調教内容を振り返って)
「終いだけ強めにやっておくように指示を出しました。その通りに進めています」

(今回のレースに向けて)
「相手がずいぶん強くなりますので、自分の良さを引き出す形になれば良いかなと思います。
 最後、普通の馬よりも長く良い脚を使えるというところが持ち味です。それがゴール前の1ハロンの伸びに繋がっていると思います。それを上手く生かせたら、良いレースができるのではないかと思っています。
 内回りより外回りの方が競馬はしやすいと思います。
 夏を越して、秋に向かってディアドラはすごく成長してきています。気持ちの面でもすごく強い馬ですから、初めての古馬との対戦になりますが、良い競馬をしたいと思います。ご声援をお願いいたします」

(取材:米田元気)