【エリザベス女王杯】栗東レポート~スマートレイアー(武豊騎手) [News]
2017/11/08(水) 14:34
11月12日(日)に京都競馬場で行われる第42回エリザベス女王杯(GI)に登録しているスマートレイアー(牝7、栗東・大久保龍志厩舎)について、鞍上の武豊騎手のコメントは以下の通り。

(前走の京都大賞典1着を振り返って)
「馬の状態はすごく良かったので、良いレースができるかなと思っていました。本当に良いレースができました。
 あまり(作戦は)決めていなかったのですが、スタートが良ければ先手でも良いかなとか、いろいろ考えていました。他の馬の出方を見て、あのようなレースになりました。
 以前と比べて馬に落ち着きが出てきましたし、折り合い面での進歩などがあって、レースに幅が出てきました」

(馬の状態は?)
「スタッフに任せていますが、先週乗った時点ではすごく良い動きをしていました」

(今回のレースに向けて)
「京都の外回りなので、各馬が力を出しやすいコース設定ではあります。そんなに難しいイメージはないですね。
 GII、GIIIと勝ってくれていますが、なかなかGIレースには手が届いていません。年齢的にもチャンスが少なくなってきています。勝ってもおかしくない実力はある馬だと思っているのですが、今まではなかなか運がなく勝てませんでした。
 以前はレース前に入れ込みがあったり、レースに行って折り合いを欠くところがあったり、そういう部分で少しGIでは届かなかったかなというところがありました。今はそういう面が解消されてきているので、今までで一番チャンスがあるかもしれません。
 馬の状態は本当に良さそうですし、京都の2200mという舞台を考えても良いと思います。牝馬限定ですから、チャンスはあると思っています。
 長くこの馬に乗っていますが、何とかGIホースにしてあげたいという気持ちは強いです。良い結果が出るようにベストを尽くして乗りたいと思います」

(取材:米田元気)