【河北新報杯】(福島)~伏兵ラホーヤビーチが最内から抜け出す [News]
2017/11/03(金) 16:16
福島11Rの河北新報杯(3歳以上1000万下ハンデ、芝1200m)は8番人気ラホーヤビーチ(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒5(良)。1馬身1/4差2着に10番人気イキオイ、さらにクビ差で3着に1番人気タケショウベストが入った。

ラホーヤビーチは美浦・伊藤正徳厩舎の5歳牝馬で、父タイキシャトル、母エアラホーヤ(母の父ボストンハーバー)。通算成績は21戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ラホーヤビーチ(横山武史騎手)
「逃げようと思っていたのですが、周りの馬が速く、控えて行きました。4コーナーで内が空いていたのも良かったと思いますが、逃げなくてもこういう競馬が出来たのは良かったです。いい馬です」

2着 イキオイ(三浦騎手)
「4コーナーで窮屈になりました。外を回すと初日の馬場だけに良くないと思い、間を突きました。そこからの脚は凄かったです。よく頑張ったと思います」

4着 ブラックバード(戸崎騎手)
「道中、いい感じで行けましたが、最後は内にササって追いづらくなりました」

8着 ハッピーノリチャン(シュミノー騎手)
「3コーナーで内と外から挟まれました。あれがなければもっと前につけられて3着はあっただろうと思います」