【メイクデビュー】(東京4R、5R)~プロミストリープ、リリーノーブルがデビュー勝ち [News]
2017/10/28(土) 14:50
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は2番人気プロミストリープ(V・シュミノー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒0(良)。9馬身差の2着に5人気レーヌダンス、さらにクビ差の3着に1番人気タイキサターンが入った。

プロミストリープは美浦・和田正一郎厩舎の2歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母プロミストスパーク(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 プロミストリープ(V・シュミノー騎手)
「返し馬で少し口元を気にしていましたが、レースではすごく素直に走ってくれました。直線でも一度だけ肩ムチを入れたらあっという間に突き離しました。日本でもこれまで色々な馬に乗せてもらいましたが、こんなに乗りやすい馬は初めてです」

(和田正一郎調教師)
「とてもいいモノを持っています。まだ緩いところがありましたが、思っていた以上に頑張ってくれました。性格が前向きで真面目なところがこの馬の良い所です。馬体はまだまだ成長途上なので、様子をみながら今後のレースは考えます」

3着 タイキサターン(C・ルメール騎手)
「あまりリラックスしていませんでした。距離はこのぐらいが丁度いいです。良い素質を持っていると思います」

5着 テイエムボンバー(戸崎圭太騎手)
「スタートしてから少しついていけず、おかれてしまいました。それでも、馬群や砂を被ってもこなしてくれました」


東京5Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1600m)は2番人気リリーノーブル(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(良)。3馬身半差の2着に12番人気アイアムヒメ、さらに3/4馬身差の3着に9番人気ナスノカツラが入った。

リリーノーブルは栗東・藤岡健一厩舎の2歳牝馬で、父ルーラーシップ、母ピュアチャプレット(母の父クロフネ)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 リリーノーブル(内田博幸騎手)
「強かったですね。あえて下げて、馬込みに入れてレースをしました。しっかり対応してくれて、先につながるレースができたと思います」

(藤岡健一調教師)
「調教で動いていたのでそこそこやれると思っていました。途中少し行きたがっていましたが、追ってからも良かったですし、いい勝ちっぷりでした。この後は様子を見て決めようと思います。距離的には1600mくらいで、と考えています」

3着 ナスノカツラ(田辺裕信騎手)
「行儀良くレースができました。ポジションを取っても折り合いがつきますし、この後距離を延ばしても大丈夫そうです」

4着 オースオブゴールド(V・シュミノー騎手)
「まだ子供っぽくフワフワしながら走っていました。ズブい面もあり、かなり押しました。次は変わってきそうです。マイルよりは1800mぐらいの方がいいでしょう」