ロゴタイプが引退、種牡馬入り [News]
2017/10/27(金) 17:11
 2013年の皐月賞などGIを3勝したロゴタイプ(牡7歳 美浦・田中剛厩舎)が、27日付で競走馬登録を抹消したとJRAから発表された。今後は、北海道勇払郡安平町にある社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 ロゴタイプは父ローエングリン、母ステレオタイプ、母の父サンデーサイレンスと言う血統。2012年6月に函館でデビューし新馬戦を勝利。12月の朝日杯フューチュリティSでGI初制覇を飾ると、翌年の皐月賞まで連勝を伸ばし、GI・2勝目を挙げた。その後、勝利から遠ざかっていたが、2016年の安田記念を8番人気で逃げ切り、3年ぶりの勝利がGI・3勝目となった。

 通算成績は海外を含めて30戦6勝。獲得賞金は海外を含めて約6億円。