【大山崎特別】(京都)~オウケンビリーヴが接戦を制し人気に応える [News]
2017/10/22(日) 17:48
京都12Rの大山崎特別(3歳以上1000万下・ダート1200m)は1番人気オウケンビリーヴ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(不良)。ハナ差の2着に3番人気アードラー、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気テンモースが入った。

オウケンビリーヴは栗東・安田隆行厩舎の4歳牝馬で、父クロフネ、母ビスクドール(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 オウケンビリーヴ(福永祐一騎手)
「先頭に立つとソラを使うので、最後は接戦になりました。この条件は勝っている馬ですし、クラスが上がったほうが力の出せるタイプだと思います。そういう意味でも勝てて良かったですね」

2着 アードラー(和田竜二騎手)
「コントロールが難しかったり、色々大変な馬ですが、最後はよく伸びてくれました」

4着 シンゼンスタチュー(太宰啓介騎手)
「どれだけの脚を使うのかと思い、今日は脚を溜めるだけ溜めてみました。前の馬が止まらない中でいい伸び脚でした。力のある馬です」

5着 アサケパワー(幸英明騎手)
「ダッシュのいい馬で、うまく先手が取れました。少しペースが速くなったのと休み明けの分、最後は止まりましたが、このクラスでのメドは立ちました」