【アイビーS】(東京)~コスモイグナーツが逃げ切る [News]
2017/10/21(土) 16:19
東京9Rのアイビーステークス(2歳オープン・芝1800m)は6番人気コスモイグナーツ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒4(不良)。ハナ差の2着に4番人気シャルルマーニュ、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気タニノフランケルが入った。

コスモイグナーツは美浦・高橋祥泰厩舎の2歳牡馬で、父エイシンフラッシュ、母ナパ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 コスモイグナーツ(柴田大知騎手)
「レース前からハナに行こうと思っていました。内をピッタリと回って、馬場も味方してくれました。メンバーが強いのでどうかと思いましたが、よく走ってくれました」

2着 シャルルマーニュ(武豊騎手)
「一旦は前に出て、勝ったと思ったのですが...」

3着 タニノフランケル(福永祐一騎手)
「馬の後ろでためる競馬をするようにという指示でしたが、最後はかわせそうでかわせませんでした。ただ、思った通りの競馬は出来ました。収穫がありました」

5着 フラットレー(C・ルメール騎手)
「今日のような馬場は経験した事がないし、仕方がないです。一生懸命走っていましたが、反応がもうひとつでした」