【菊花賞】美浦レポート~ウインガナドル(津村騎手) [News]
2017/10/18(水) 15:03
 22日(日)に京都競馬場で行われる第78回菊花賞(GI)に出走するウインガナドル(牡3、美浦・上原博之厩舎)について、共同会見での津村明秀騎手のコメントは以下の通り。

「前走(新潟記念)は初めての古馬との対戦でどれくらいやれるかな、という期待と不安がありました。4コーナー過ぎで勝ち馬に早めに外からかわされて、ダメかなと思った所からもう一伸びして4着だったので、成長が伺えるレースでしたね。

 (成長を感じる所は)以前はレース前からピリピリしていたのですが、だいぶ落ち着いてレースに挑めるようになって、力を出せるようになった事ですね。かわされてから盛り返してくれる根性もあるので、本当に頼もしいです。

 1週前の追い切りに乗った時には霧の中で、馬も戸惑っていたような面がありましたが、終いは良い反応だったので1週前としては、良い追い切りでした。(3000mに関しては)みんな距離的には長いと思いますが、条件は一緒ですからね。この馬は血統背景からも大丈夫だと思います。(レースのイメージは)この馬のスタイルは大体決まっていますし、あまり深くは考えていないですね。(今回も逃げますか?の問いに)多分、そういう形になると思います。(既に自身の年間最多勝記録を更新して挑むGIには)僕自身の記録よりも、この馬がGIを勝てるように馬に期待して、自分自身も頑張りたいと思っています。

 長く良い脚を使える、スピードを持続させられるタイプなので馬場が悪くなっても大丈夫でしょうし、3000mでも楽しみですね。メンバー的にも混戦で、この馬にもチャンスはあると思っているので、ぜひ皆さん応援してください」

(取材:大関隼)