【赤富士S】(東京)~モンドアルジェンテが追い比べ制す [News]
2017/10/15(日) 16:08
東京10Rの赤富士ステークス(3歳以上1600万下ハンデ、ダート2100m)は2番人気モンドアルジェンテ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分08秒5(不良)。クビ差2着に9番人気トウカイエントリー、さらに1馬身差で3着に8番人気クロフネビームスが入った。

モンドアルジェンテは美浦・萩原清厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母エイグレット(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は15戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 モンドアルジェンテ(戸崎騎手)
「出遅れて後方からになりましたが、ペースが速くなって展開も向きました。こういう馬場も合っていたと思います。砂を被っても大丈夫でしたし、力をつけています」

2着 トウカイエントリー(蛯名騎手)
「展開的に途中から行かざるを得なくなりましたが、この馬場の中、よく走っています。クラスにもメドが立ったと思います」

4着 プリンシアコメータ(石橋脩騎手)
「先行争いに巻き込まれるのは嫌だったので、あまり主張はせずに運びました。馬込みも気にしませんでしたし、直線もうまく捌いて来られましたが...。結果的にもう1列前のポジションにいれば違ったかもしれません」

5着 コパノアラジン(藤田菜七子騎手)
「リラックスして走れていましたし、ずっといい脚を使ってくれる馬ですから、早めに動いて行きました。それほど差もなく、頑張ってくれました」