【秋華賞】栗東レポート~ファンディーナ(岩田騎手) [News]
2017/10/12(木) 18:20
 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のファンディーナについて、共同インタビューでの岩田康誠騎手のコメントは以下の通り。

・ローズステークスのレースぶりを振り返ってください。
 スムーズなレースはできました。直線に向いて反応もしたのですが、残り300メートルで止まる形になりました。最後は息切れした感じでした。

・馬体重が22キロ増えての出走でしたが?
 春と比べて一回り成長した感じでした。しかし、レースでは動き切れなかったような印象でした。これから伸びるというところで反応できなかったですね。リラックスして走れていたのですが息が持ちませんでした。

・先週、今週と調教に騎乗されましたが?
 先週の坂路調教では時計は遅かったですが、反応は良かったです。今週はウッドチップコースで調教して馬に十分負荷をかけることができました。長めから調教ができたのも良かったと思います。馬場の良くない中でいい時計が出たと思います。これがレースにつながればと思います。

・良くなった点はどのあたりでしょう?
 ローズステークスと比べて息は持つと思います。今週のひと追いで馬も仕上がったと思います。

・京都の2000メートルのコースはどうでしょう?
 京都コースでも勝っています。先行力のある馬ですし自信を持って乗りたいですね。今回はGI馬もいるし強豪が揃っていますが負けないようにレースをしたいと思っています。力を秘めている馬ですから3歳最後の1冠でいいレースをしたいです。

・週末はまとまった雨になりそうですが?
 パワーのある馬ですから馬場はあまり気にしていません。馬の状態はローズステークスをずっと上回っていますから楽しみにしています。

(取材:佐藤 泉)