【秋華賞】美浦レポート~アエロリット [News]
2017/10/11(水) 15:29
 15日(日)京都競馬場で行われる第22回秋華賞(GI)に出走予定のアエロリットについて、追い切り後の共同記者会見での菊沢隆徳調教師のコメントは以下の通り。

 「先週、いい調教をしていますし、今週は輸送を控えていますから、若干物足りないくらいで仕上げたいと思っていました。今朝は北馬場から坂路、坂路も最後の2ハロンを集中して走ってくれればいいと思っていました。馬もリラックスしていて、坂路を駆け上がっても息は乱れず、平然と歩いていました。もう十分だと思っています。

 前走クイーンステークスは、北海道の牧場で十分に乗り込んで、札幌に2週滞在し、追い切りも動いていましたから、この状態でどういう結果が出るのか、楽しみにしていました。成長分もありましたが、追い切り後の体の増え方は、ビックリするほどでした。枠順が出て、スタートが互角なら、無理せず前へ行ってもいいですよとジョッキーには話をしていました。1800m~2000mなら、互角のスタートを切れば、自ずと前にいると思います。

 あまり気にしていませんが、今の体重、そして輸送を考えると、今回はおそらくマイナス体重での出走になると思います。

 人間は気合いが入っても、馬には気合いが入ってほしくないと思います。今回は2000m、他の馬はオークスやトライアルで経験していますけど、この馬は1800mまでで、初めての2000mですから、期待もしていますが、不安もあります。

 競馬ですから、何があるかはわかりませんが、体調良く出走させて、この馬のリズムで走ってくれればいいと思います。ジョッキーもデビュー前から乗っていますし、成長具合も感じているでしょうし、ジョッキーに任せます。

 秋華賞で、アエロリットの成長した姿、力強い走りを見て頂きたいと思います」

(取材:中野雷太)