【六社S】(東京)~ブライトバローズが追い比べを制す [News]
2017/10/09(月) 16:31
東京10Rの六社ステークス(3歳以上1600万下・芝2400m)は5番人気ブライトバローズ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒1(良)。クビ差の2着に1番人気パフォーマプロミス、さらに1馬身半差の3着に3番人気ソールインパクトが入った。

ブライトバローズは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ジェダイト(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ブライトバローズ(石橋脩騎手)
「無理に位置を取りに行くことなく、出たなりでちょうどいい中団を取れました。理想通りに直線まで運べましたし、よく伸びました。力をつけているでしょうし、このまま無事に行ってくれればと思います」

2着 パフォーマプロミス(吉田隼人騎手)
「スタートでいい位置をとれましたが、最後は目標にされてしまいました。よく脚は使ってくれています」

3着 ソールインパクト(三浦皇成騎手)
「思ったよりもペースが流れてしまいました。もう少し遅くなってくれると良かったのですが......。かわされてからも差し返しに行ってますし、タフに長くいい脚を使ってくれています」

4着 トレジャーマップ(丸田恭介騎手)
「ここ何戦か安定してくれています。スタートの一歩目が出てくれます。ペースが流れて上がりのかかる形になってくれたのが良かったと思います」

6着 ペンタトニック(荻野極騎手)
「リズムよく運んで安定して走ってくれていますが、抜け出すにはいたりませんでした。きっかけが掴めるといいのですが」