【大原S】(京都)~プリメラアスールが二枚腰を発揮し逃げ切る [News]
2017/10/09(月) 15:53
京都10Rの大原ステークス(3歳以上1600万下・芝2000m)は5番人気プリメラアスール(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(良)。クビ差の2着に1番人気トーセンマタコイヤ、さらに半馬身差の3着に2番人気ハナズレジェンドが入った。

プリメラアスールは栗東・鈴木孝志厩舎の5歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母リメインフォレスト(母の父アジュディケーティング)。通算成績は29戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 プリメラアスール(酒井学騎手)
「前走は引き付け過ぎたので、今日は坂の下りから勢いをつけて行きました。引き付けずに流した分、最後までよく辛抱してくれました。いい心臓をしています」

2着 トーセンマタコイヤ(C.ルメール騎手)
「長く脚を使うタイプなので、内回りは直線が短いです」

3着 ハナズレジェンド(岩田康誠騎手)
「上がりの脚を使うレースをしました。右にもたれながらも、最後は切れ味のいい走りでした」

6着 ストーンウェア(幸英明騎手)
「4コーナーで動いていく時に、外の馬を気にして脚が鈍りました。そのうちに前が壁になってしまい、追うことが出来ませんでした」