【メイクデビュー】(東京4R、東京5R)~スターリーウォリア、ゴールドギアが勝利 [News]
2017/10/09(月) 14:07
東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1300m)は1番人気スターリーウォリア(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分18秒8(稍重)。5馬身差の2着に3番人気ストレイシープ、さらにクビ差の3着に5番人気カラフルが入った。

スターリーウォリアは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父アッミラーレ、母ピッチニーニ(母の父ホワイトマズル)。

~レース後のコメント~
1着 スターリーウォリア(荻野極騎手)
「リズム良く運べました。最後は抜け出してからソラを使っていましたが、新馬戦ですからね。成長してくればもっといい走りが出来ると思います。それにしても強かったです」

2着 ストレイシープ(丸山元気騎手)
「今日は相手が強すぎました。このあとテンションが上がると心配ですが、まだ良くなる余地は十分にあるでしょう」

3着 カラフル(勝浦正樹騎手)
「思ったほどゲートを出ませんでしたが、次につながる競馬は出来たと思います。初戦としてはいい内容でした」


東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は1番人気ゴールドギア(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(良)。3/4馬身差の2着に4番人気ミツオサウスポー、さらに3馬身差の3着に8番人気パチュリーが入った。

ゴールドギアは美浦・伊藤圭三厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母ギンザボナンザ(母の父ゼンノロブロイ)。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドギア(北村宏司騎手)
「まだテンションが上がり落ち着きがないところはありますが、素質は感じられる走りでした」

(伊藤圭三調教師)
「調教でも動いていて、身のこなしがいい馬です。次は未定です」

2着 ミツオサウスポー(吉田隼人騎手)
「溜めるところは溜められるようにメリハリがついてくればもっと良くなると思います。よく走ったと思います」

3着 パチュリー(大野拓弥騎手)
「内枠からいい位置を取って走り、上手に競走をしてくれました」