【メイクデビュー】(京都3R、京都5R)~ソシアルクラブ、タングルウッドが勝利 [News]
2017/10/09(月) 13:51
京都3Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1600m)は2番人気ソシアルクラブ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒9(良)。クビ差の2着に1番人気ゴルトキルシェ、さらにハナ差の3着に6番人気ターフェルムジークが入った。

ソシアルクラブは栗東・池添学厩舎の2歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ブエナビスタ(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 ソシアルクラブ(岩田康誠騎手)
「道中は馬を怖がらせないようにレースを進めて、直線に向くまで我慢しました。ゴーサインを出すと素晴らしい脚を使ってくれました。先週、調教で乗ったときにはまだ反応が鈍い感じでしたが、最終追い切りで速いタイムが出てしっかり仕上がっていました。返し馬からすごい感じでした」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は3番人気タングルウッド(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒4(良)。3馬身差の2着に1番人気サトノエターナル、さらにハナ差の3着に4番人気エポカドーロが入った。

タングルウッドは栗東・中内田充厩舎の2歳牡馬で、父Siyouni、母アピール2(母の父Selkirk)。

~レース後のコメント~
1着 タングルウッド(藤岡佑介騎手)
「以前からいつデビューしてもいいような仕上がりでした。調教通りのいいレースをしてくれました。コントロールしやすく能力もあるので、イメージ通りのレースが出来ます。今日は今後の活躍が期待できる内容のレースをしてくれました。非常に楽しみな馬です」

(中内田充正調教師)
「期待通りのレースでした。楽な形で先行してスローに持ち込んで、終いもしっかりした走りでした。元々期待の大きかった馬ですが、今回の強いメンバーでもしっかり勝ってくれました」

2着 サトノエターナル(C.ルメール騎手)
「折り合いに問題なく、直線でも良く伸びましたが、まだ全体にやわらかいところがあります。そのあたりが良くなればいいと思います」