【サウジアラビアRC】(東京)~ダノンプレミアムが押し切り重賞制覇 [News]
2017/10/07(土) 16:58
東京11Rのサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・芝1600m)は2番人気ダノンプレミアム(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(稍重)。1馬身3/4差の2着に1番人気ステルヴィオ、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気カーボナードが入った。

ダノンプレミアムは栗東・中内田充厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母インディアナギャル(母の父Intikhab)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「理想的な競馬が出来ました。新馬戦で強い勝ち方をしてくれたので期待していましたが、いい競馬でした。直線では手応えが良く、少しふわふわしているところもあるので、さらに成長するでしょう。マイルもこなしたし、輸送もクリアしたので、課題という課題が一つもありません。このまま無事に進んでほしいです」

2着 ステルヴィオ(C・ルメール騎手)
「外枠が厳しかったです。スタートが速くないので、いい位置を取れませんでした。前走の1800mも忙しかったのですが、今日も忙しかったです。直線は反応が良く、よく伸びてくれました」

3着 カーボナード(岩田康誠騎手)
「馬はすごく落ち着いて走ってくれましたし、いい感じでよく走ってくれました。能力のあるところを見せてくれたと思います」

4着 テンクウ(田辺裕信騎手)
「リズムよく運ぶことが出来ました。現状気持ちで走っている感じですから、色々変わってくればと思います」

5着 シュバルツボンバー(福永祐一騎手)
「速い時計で走っていますし、馬はよく対応して頑張ってくれました。もう少し距離はあった方がいいかもしれません」

6着 ダブルシャープ(石川倭騎手)
「位置を取りにいこうと思った時に不利があり、馬がハミを取ってしまいました。左回りはこなしてくれたのですが...」

7着 コスモインザハート(柴田大知騎手)
「忙しかったですね。距離があったほうがいいかもしれません」

9着 ソイルトゥザソウル(田中勝春騎手)
「外枠が厳しかったですね」

10着 ボウルズ(小牧太騎手)
「テンションが高すぎました。新馬戦はうまくいったのですが、今日はどうしようもなかったです」

11着 エングローサー(三浦皇成騎手)
「いいフットワークをする馬ですし、あの位置からでもよく伸びています。ゲートがもったいなかったです」

17着 スワーヴエドワード(四位洋文騎手)
「気性が前向きな馬なので、馬にまかせてレースをしました。競馬を教えていかないといけませんね」