【久多特別】(京都)~ペスカネラが押し切る [News]
2017/10/07(土) 16:19
京都10Rの久多特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は5番人気ペスカネラ(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒4(重)。クビ差の2着に6番人気オメガタックスマン、さらにクビ差の3着に1番人気テラノヴァが入った。

ペスカネラは栗東・松下武士厩舎の3歳牝馬で、父ブラックタイド、母ピーチドラフト(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ペスカネラ(鮫島克駿騎手)
「ペースが落ち着きそうでしたし、開幕週なので良い位置が取れればと思っていました。理想的なポジションでした。直線でも前が開いてくれました。緩い馬場は得意ではないと思っていましたが、今日はリズム良く競馬が出来ました」

2着 オメガタックスマン(北村友一騎手)
「行く馬が行って、隊列が決まりましたし、リズム良く運べました。反応自体は良かったのですが、良馬場ならもっとシュッと切れたのではないかと思います。ゲート裏で入れ込んでいましたが、待たされたことが良かったです」

3着 テラノヴァ(M・デムーロ騎手)
「ゲート裏で待たされたこともあり、コーナーを曲がるときには気持ちがなくなっていました。直線ではよく伸びていましたが...」

7着 サプルマインド(浜中俊騎手)
「外枠なので内に入ろうとしましたが、隣の馬が前にいたので、入りづらくなりました。ポジションはこの一列前が良かったです。直線でも馬群の中にどんどん押し込められて、嫌気が差していました」