【メイクデビュー】(京都4R、5R)~ホウショウナウ、タガノカレンがデビュー勝ち [News]
2017/10/07(土) 14:25
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は2番人気ホウショウナウ(岩崎翼騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒8(不良)。2馬身半差の2着に5番人気サンリットデュー、さらに5馬身差の3着に3番人気ヘイデイが入った。

ホウショウナウは栗東・河内洋厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ホウショウルビー(母の父Desert King)。

~レース後のコメント~
1着 ホウショウナウ(岩崎翼騎手)
「追い切りが良くなってきていました。ダート馬特有の硬さがありますが、追ってからしっかりしています。直線で物見しそうになりましたが、ハミをかけたらしのいでくれました」

(河内洋調教師)
「調教では1回毎に時計を詰めてきたのですが、終いは掛かっていたので半信半疑でした。スタートを出て、前半のリードで粘りましたが、終いがバタバタになった訳でもありません。まだ体に余裕があるし、キ甲も抜けていません。もっと良くなると思います。距離は1600mくらいまでと思います」


京都5Rのメイクデビュー京都(芝1400m)は2番人気タガノカレン(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(重)。1馬身半差の2着に1番人気プリンセステソーロ、さらにクビ差の3着に5番人気サウンドシップが入った。

タガノカレンは栗東・中村均厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母スマートレディー(母の父ジャングルポケット)。

~レース後のコメント~
1着 タガノカレン(M・デムーロ騎手)
「テンションが高く、初めてのレースで競馬が分かっていないのが良い方に出たようです。競馬では折り合うのですが、返し馬では前に行きたがります。それがなおってくればいいです」

2着 プリンセステソーロ(武豊騎手)
「気が良過ぎて、前半に一所懸命に走りすぎました。それでラストは疲れてしまいました。いいスピードのある馬です」

3着 サウンドシップ(松山弘平騎手)
「外枠でしたから、中途半端に外を回りたくなくて、ハナへ行きました。前半で脚を使いながらも、終いも伸びています。真面目な馬です」