【京都大賞典】栗東レポート~サウンズオブアース [News]
2017/10/05(木) 12:10
10月9日(月)に京都競馬場で行われる第52回京都大賞典(GII)に登録しているサウンズオブアース(牡6、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後の藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

(前走の札幌記念4着を振り返って)
「ドバイから帰ってきて、休み明けでした。夏に使うのは初めてだったので、洋芝も初めてですし、久しぶりの2000mということで、どんな競馬をしてくれるかなと思っていました。休み明けの分、終いの伸びは少し欠いたかなというのはありましたが、内容的には良い競馬をしてくれたと思っています。
 伸びてはいましたが、本来はもう少し切れる馬なので、休み明けの分かなと思っていました。
 いつも秋緒戦がこの京都大賞典になるのですが、一回使ったということで、馬の体も締まりましたし、いつもの休み明けよりはすごく良い状態で来ていると思います」

(前走後の調整について)
「北海道で使ったということで、こちらへの輸送もありましたし、まずは疲れを取ってあげました。それから徐々に上げていくということで、予定通りに来ています」

(調教過程を振り返って)
「併せ馬はずっとやっていますが、前走から調整パターンを少し変えて、一杯の調整はしないようにしました。その分、2週連続併せ馬で負荷をかけました。1週前は非常に良い動きでしたし、追い切った後はいつも硬さが出るのですが、それもありませんでした。良い状態で来ているとは思います。
 (今日は)前回のパターンと同じようにやろうと思っていました。距離が延びるので、長めから前に1頭馬を置いて、追い掛ける形でした。終いも一杯ではなく、併せて同入するという指示をしました。その通り上手くいったと思います」

(今回のレースに向けて)
「(過去のこのレースは)2回とも夏の休み明けの競馬だったので、それなりに形は作ってくれましたが、勝ち切るまではいきませんでした。今回は一回使っていますし、調整も上手くいったので、去年、一昨年よりは良い競馬ができると思っています。
 京都の外回り2400mは結構実績がありますし、もちろん菊花賞の2着もあります。開幕週で時計が速くなるでしょうが、時計の裏付けもあります。
 開幕週で時計が速くなると想定して、ポジション的には良い所に付けられればと思います。競馬が上手いので、スタートは良いですし、ポジション取りも上手にやるので、どこでも競馬ができます。理想の競馬はできると思います。
 この馬自身が良い状態で行ければ、決して勝てない相手ではないと思っています。その点は順調ですので、頑張ってほしいです。
 まだ2勝しかしていないので、何とか3勝目を重賞で、その後のGIにもつなげていきたいです。
 いつも応援していただいているのに、なかなか勝てずに申し訳ありません。今回は良い状態で来られていますし、これから先のGIもあるので、ここを勝って、JC、有馬記念と行きたいです。応援してあげて下さい。よろしくお願いします」

(取材:米田元気)