【凱旋門賞】(シャンティイ)~日本勢のコメント [News]
2017/10/02(月) 03:15
 10月1日(日)にフランス・シャンティイ競馬場で行われた凱旋門賞(G1)に出走した日本馬の関係者のコメントは以下の通り。

【関係者のコメント】

15着 サトノダイヤモンド、16着 サトノノブレス(池江泰寿調教師)
「サトノダイヤモンドは、ベストに近い状態に持っていけましたが、馬場が合いませんでした。サトノノブレスは、こちらの重馬場はこなしてくれましたが、少し距離が長かったです。たくさんの方々に応援していただいたのに結果が出せず、悔しくて情けない気持ちでいっぱいです。また懲りずに凱旋門賞にチャレンジしたいと思いますので、その時はまた応援してください。応援ありがとうございました」

15着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「馬のコンディションは良く、前走よりもパワーアップしていましたが、この馬場では直線に向いて反応がありませんでした。凱旋門賞には来年もう1回トライしたいです。日本の皆様、応援ありがとうございました」

16着 サトノノブレス(川田将雅騎手)
「サトノノブレスの能力を一番発揮できる競馬を、という指示に従って騎乗しました。道中はサトノノブレスにとって良いポジションで進めることができ、リズム良く走っていました。最後まで良く頑張ってくれました」

(JRA発表)