【サフラン賞】(中山)~レッドレグナントが先手を奪って連勝 [News]
2017/10/01(日) 15:25
中山9Rのサフラン賞(2歳500万下、牝馬限定、芝1600m)は1番人気レッドレグナント(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。1馬身3/4差2着に2番人気ミュージアムヒル、さらにクビ差で3着に3番人気トーセンアンバーが入った。

レッドレグナントは美浦・大竹正博厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母エンプレスティアラ(母の父クロフネ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドレグナント(M.デムーロ騎手)
「強かったですね。内枠で人気でしたし、スタートから出して行きましたが、折り合いは問題なく、最後まで一生懸命走って伸びました。賢い馬ですし、上を目指せると思います」

2着 ミュージアムヒル(福永騎手)
「初めての右回りで、最初のコーナーから内の馬を気にしてずっと外へ逃げ気味でしたし、直線は逆に内へ行こうとしていました。その点は慣れれば問題ないと思いますし、エンジンの掛かりが遅いので、直線は長い方がいいと思います」

4着 ニシノウララ(幸騎手)
「初めて乗りましたから前走との比較はつきませんが、まだ競馬を分かっていない感じでしたけど、乗りやすかったですし、もうひと伸びしそうな感じでした」

6着 フィルハーモニー(津村騎手)
「後ろからの競馬になりましたが、来そうな雰囲気でした。1800m~2000mくらい、もう少し距離があった方が適性はありそうです。いい馬ですよ」