【シリウスS】(阪神)~メイショウスミトモが重賞初制覇 [News]
2017/09/30(土) 17:05
阪神11Rのシリウスステークス(3歳以上GIII・ハンデ・ダート2000m)は11番人気メイショウスミトモ(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒9(良)。クビ差の2着に5番人気ドラゴンバローズ、さらに3/4馬身差の3着に3番人気ピオネロが入った。

メイショウスミトモは栗東・南井克巳厩舎の6歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ムゲン(母の父アジュディケーティング)。通算成績は45戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウスミトモ(古川吉洋騎手)
「久しぶりに重賞を勝つことが出来て嬉しいです。若い頃は行きたがる面がありましたが、年を取って馬が落ち着いてきて、今日は道中は内でよく我慢して走ってくれました。手応えよくコーナーを回ってくることが出来てよく伸びてくれました」

2着 ドラゴンバローズ(和田竜二騎手)
「終始外にササって追いづらかったですね。ペースとかはばっちりだったのですが...。馬は良くなっています。残念でしたが、十分オープンでもやれることは分かりました」

3着 ピオネロ(福永祐一騎手)
「もう少しでした。力は出せました。内にもたれるようなところはありましたが、前に壁のない形のレースも上手にこなしてくれました」

5着 スリータイタン(岩田康誠騎手)
「最後はいい脚で来ているのですが、届かなかったのは3~4コーナーで外を回った分でしょう」

6着 タムロミラクル(藤岡康太騎手)
「スローになりそうなメンバー構成の中でしっかり流れに乗って、脚を使ってくれました。よく頑張っています」

7着 マスクゾロ(酒井学騎手)
「スムーズに無理なくレースを運べました。しかし、直線に向いた時には手応えがあやしくなりました。原因はよく分からないですね」

8着 ミツバ(松山弘平騎手)
「あまり得意ではない、芝からのスタートでしたし、以前から気になっていたズブさを道中に出してしまい、悪い方、悪い方に流れが向いてしまいました。力のある馬なのに出しきることが出来ず申し訳ないです」

9着 マインシャッツ(武豊騎手)
「道中はいい感じでした。でも、3コーナーから、ついていけなくなりました。直線は不利がありながらジワジワ伸びています。上がりもこの馬には速かったですね」

12着 キクノソル(小牧太騎手)
「3~4コーナーでおかれてしまいました。こんな馬ではありません」

13着 タガノゴールド(松若風馬騎手)
「リズムは悪くなかったのですが、うまく外に出せたらもっと伸びたと思います。展開がはまればもっと走る馬です」