【カンナS】(中山)~ペイシャルアスが内から抜け出す [News]
2017/09/30(土) 16:19
中山9Rのカンナステークス(2歳オープン・芝1200m)は3番人気ペイシャルアス(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒2(良)。半馬身差の2着に6番人気リンシャンカイホウ、さらにクビ差の3着に5番人気オジョーノキセキが入った。

ペイシャルアスは栗東・坂口正則厩舎の2歳牝馬で、父ストロングリターン、母ルアス(母の父タイキシャトル)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ペイシャルアス(石橋脩騎手)
「枠順も良かったし、無理に出していかなくてもあの位置(4番手)でレースが出来たのも大きかったです。最後も厳しいところを良く割って伸びてくれました。距離は1200m~1400mくらいが良いでしょう」

2着 リンシャンカイホウ(松田大作騎手)
「いいスピードを持っています。楽にハナに行けました。まだ若さがあってレースに集中していないので、その点が解消してくると良いと思います」

3着 オジョーノキセキ(吉田隼人騎手)
「3コーナーで他馬にこすられましたが、我慢して良いリズムでレースが出来ました。本当は逃げた方が良かったのかもしれませんが、今は競馬を覚えさせているので...。スピードもありますし、今日のようなレースが板についてくると、もっと走ってくると思います」

5着 リュウノユキナ(五十嵐冬樹騎手)
「スタートで外の馬によられて、きつくなってしまいました。道中も馬込みを気にして、フラフラ走っていました。最後は外を回って良い伸びを見せましたが、坂で止まってしまいました」