【芙蓉S】(中山)~サンリヴァルが無傷の2連勝 [News]
2017/09/24(日) 15:56
中山9Rの芙蓉ステークス(2歳オープン・芝2000m)は3番人気サンリヴァル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒6(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ファストアプローチ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気スターフィールドが入った。

サンリヴァルは栗東・藤岡健一厩舎の2歳牡馬で、父ルーラーシップ、母アンフィルージュ(母の父アグネスタキオン)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サンリヴァル(田辺裕信騎手)
「まだ緩く、子供っぽさもありますが、スタートは出てくれますし、道中すぐ折り合えます。レースに関して注文するところはないですね。緩い部分がしっかりしてくれば、もっとやれると思いますし、まだまだ成長段階です」

(藤岡健一調教師)
「スタートがいいのは分かっていましたし、スローペースも予想通り。あとは瞬発力比べだと思っていました。うまくいきました。父がルーラーシップで祖母がオークス馬ですから、距離の融通は利くと思います。このあとは一息入れる予定です」

2着 ファストアプローチ(蛯名正義騎手)
「最後まで良く頑張ってくれています。坂のあるコース、2000mの距離もこなしてくれましたし、収穫のあるレースでした」

3着 スターフィールド(大野拓弥騎手)
「使いながらしっかりとしてきています。2000mの距離にも対応してくれました」